ウォーターサーバー導入時に何に注意する?失敗しない方法は?

ウォーターサーバー導入時に何に注意する?失敗しない方法は?

水のコストと宅配サイクル

水道料金は地域によって違うもののペットボトルで売られている水に比べるとかなり安いと言えるでしょう。ただペットボトルの水は水道水よりも美味しいですし健康にも良いとされていて、飲料水だけはペットボトルを購入している家庭もあります。ペットボトルを購入するよりも楽に美味しい水が飲めるのがウォーターサーバーの仕組みで、業者と契約するとサーバーと呼ばれる機械と水を提供してもらえます。それぞれの業者でサーバーのレンタル費やボトル当たりの水のコスト、1か月あたり最低何本注文が必要かの宅配サイクルが異なります。水のコストだけ見ると安くてお得なように感じる業者もありますが、水のコスト以上に宅配サイクルが合うかどうかを考えた方がいいでしょう。

用途をしっかり考えて契約

ウォーターサーバーの利用を業者と契約すると毎月ボトルを宅配してもらえます。よくあるのが1か月あたり最低何本注文しないといけないかで、最低本数が多い業者だと使いきれなくなるので注意が必要です。契約をする前に考えたいのはウォーターサーバーの水を何に使うかで、飲料だけにしか使わないとなると意外に水はなくなりません。一方赤ちゃん用のミルクに使うとか料理にも使うとなるとかなり使うので、最低本数が多い業者を利用したとしても使いきれない問題は減るでしょう。導入時に水の単価が安い点で選ぶときもあるでしょうが、沢山使えばその分生活費がかかるようになります。導入前に導入後の生活をいかに想像できるかがポイントになるかもしれません。

ウォーターサーバーは、様々な種類があります。選ぶポイントはいろいろありますが一つの基準になるのが、水の種類です。天然水かRO水かによってコストなども違ってきます。